one thousand daily life

onuraty.exblog.jp

670.REGAL W251 2

前記事から早5年。それも偶然、同じ11月の記事。今回もオールソールの話題になります。

前回はGEOXシステムのソールが最後ということでのオールソールでしたが、さすがに5年も経つと踵はもちろん、ソール自体が薄くなり穴があきそうなくらいだったので、思い切って別なソールにしてしまいました。
以下、新旧を比較してみました。

b0290610_15323837.jpg

ちょっと小さいですが、左側がリペア前、右側がリペア後です。せっかくなので新しいソールの写真を大きくしてみましょう。

b0290610_15342097.jpg
やはり、新しいソールはいいですよね。ダイナイトソールは柔らかく、ビブラムは硬い、とかダイナイトソールは見た目スマートで、ビブラムはゴツい、等色々と評価はあるようですが、私はこのソールにしてよかったなと思っております。

これで、私の所有している靴のオールソールは通算、レッドウィングも入れると5回目になりますが、いずれもこちらでお世話になっております。毎度、見事な職人技で、出来上がりを見るのが楽しみなくらいです。

今回、この靴を受け取りに行く際にヒール交換をすぐにやっていただけるとのことだったので、この靴を持っていきヒール交換をお願いしました。混み具合にもよるのでしょうが、私が頼んだ日は待ち時間30分でした。この靴も購入して2年が経っていたので、さすがに踵が片減りしていました。その後、出来上がったのがこちら。革底の汚れ具合は見なかったことにしてください。(笑)

b0290610_15521622.jpg

踵部分だけをアップにするとこうなります。

b0290610_15530520.jpeg
そう、こちらもビブラムにしてしまいました。耐久性に定評があるのでどれくらい保つのか楽しみです。









[PR]
# by happybarrel | 2018-11-18 17:00 | shoes | Comments(0)